本当に肌にいい食べ物10選 !あの芸能人のような美肌へ!

美容
この記事は約7分で読めます。
  

若さを保つお肌にいい食べ物10選

スキンケアといえば、化粧水や乳液、美容液に目が向くと思います。しかし美肌のために最も力を注ぐべきは食事です。今回はそんなお肌にいい食べ物とよくない食べ物をご紹介したいと思います。

肌にいい食べ物① トマト

トマトは緑黄色野菜でありビタミンAになるβ-カロテンを多く含んでいます。これは抗発ガン作用や免疫賦活作用があるが、その他にも髪の毛や視力、粘膜や皮膚の健康維持、呼吸器系統まで健康にする働きがあります。


トマトの赤い色はリコピンと言われる色素であり、このリコピンは紫外線による肌の酸化ダメージを和らげる効果があります。


紫外線はお肌の大敵であるので、普段の食事からトマトを取り入れることを心がけましょう。

肌にいい食べ物② ケール

見た目がレタスのようにも見え育てやすいのが特徴の「ケール」。強い抗酸化作用を持つビタミン(ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE)は、まとめてビタミンACE(エース)と呼ばれているのですが、ケールにはこれらのビタミンがすべて豊富に含まれています。


ビタミンACEは、体の老化を早める活性酸素を減らす作用が認められており、アンチエイジングに効果的です。


活性酸素は、コラーゲン繊維を壊してシワやたるみの原因となったり、新陳代謝を鈍らせてシミの原因になったりするので、活性酸素を減らすことによって、美肌効果につながります。

肌にいい食べ物③ きのこ

美肌を目指すのであれば、身体の代謝機能を高めることが不可欠。代謝機能を整える効果的な栄養素といえばビタミンB群ですが、きのこにはこのビタミンB群がたくさん含まれています。

きのこを食べることで、

  • 糖質の代謝を促して皮膚や髪
  • 爪の再生を助けるビタミンB2
  • 血行を良くするナイアシン(B3)
  • タンパク質の代謝を助けるB6
  • 細胞の生成を助ける葉酸(B9)

と新しい肌を生み出すために欠かせないビタミンを効率よく摂取することができます。これらの効果が相互に働くことで肌や頭皮のターンオーバーのサイクルが整い、潤いのある美肌に効果があります。

肌にいい食べ物④ 魚

魚には、

  • ニキビや肌の炎症を治癒する抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸
  • 肌のターンオーバーをスムーズにするEPA,DHA
  • 女性ホルモンを整え、シミの一種である肝斑(かんぱん)を改善する効果

などが期待されます。特に青魚にこれらの栄養素が豊富に含まれていますが、マグロ、サーモン、タイ、うなぎ、たらなどもオメガ3が豊富です。

肌にいい食べ物⑤ 卵

卵は「美肌へのパーフェクトフード」言われているくらい効果があります。

美肌に必要な栄養素のうちのビタミンCと食物繊維以外はほぼすべて含み、鉄や亜鉛などのミネラルもたくさん。さらに抗酸化物質が次々発見され、たまごはアンチエイジングに最適食材です。

肌にいい食べ物⑥ オリーブオイル

オリーブオイルには、抗酸化作用に加え、オレイン酸という不飽和脂肪酸の一種が含まれています。オレイン酸は乾燥等の刺激から肌を守る働きがあります。


また、悪玉コレステロール値を下げる働きから便秘解消にも良いとされ、美肌と深い関係がある腸のお掃除にも効果的です。オレイン酸の他にもオリーブオイルには不溶性食物繊維が豊富に含まれるため、腸のデトックス効果も抜群ですよ。

肌にいい食べ物⑦ にんにく

にんにく注射&点滴は、簡単に説明すると主な有効成分はビタミンB群です。


ビタミンB群は口内炎(粘膜の修復)や肌代謝を高めてニキビなどの炎症を改善する効果が期待できます。


にんにくには、強い抗菌・抗カビ作用をもつ「アリシン」という成分が含まれていますが、このアリシンはビタミンB1と結びつくことで、「アリチアミン」という物質になりビタミンB1の働きをさらにパワーアップしてくれるんです。

肌にいい食べ物⑧ カカオチョコレート

意外なことに、肌にいい甘い物の代表格がチョコレート。チョコレートには便秘改善の効果や抗酸化作用のあるカカオが含まれているからです。


実際に、科学的な実験で10人の女性に、カカオに豊富に含まれる成分であるココアフラボノールを1日329mg飲んでもらったところ、何も飲まなかった場合に比べ、2時間後の肌の血流が1.7倍、肌の抗酸化能力も1.8倍になった、ということが報告されています。


特に、チョコレートは紫外線の多い時期のお出かけ前に食べるのがおすすめ。豊富に含まれているココアフラボノールが紫外線対策にもなるだけでなく、抗酸化能力も高くなり、しみやそばかすを抑えてくれます。

肌にいい食べ物⑨ キウイ

美肌になりたいなら絶対に欠かせないものがフルーツです。その中でも特にオススメなスーパーフルーツといえば“キウイ“。


キウイにはビタミンCがみかんの約2倍含まれています。1個で1日のビタミンC推奨量の約70%を摂ることが出来ます。


その他にもビタミンE、カリウム、食物繊維、クエン酸、リンゴ酸などの栄養素を豊富に含み、栄養価が高いことから「フルーツの王様」と呼ばれる果物の一つでもあります。


主な効果として

  • メラニン色素の沈着を防ぐ、ビタミンC、ビタミンE
  • アンチエイジング効果のポリフェノール
  • むくみ防止のカリウム
  • 便秘解消の食物繊維

というのがあります。
特に寝る前に食べるのがオススメで、睡眠中の腸内環境のサポートを行い、成長ホルモンにビタミンCが加わって、コラーゲンの合成が促されるのでより美肌効果を高めてくれます。

肌にいい食べ物⑩ 水

食べ物ではございませんが、美肌に欠かすことのできないものそれが「水」です。

身体に栄養や酸素を運ぶのは、赤血球や血漿などから成る血液ですが、赤血球の66%、血漿の90%は水です。肌細胞も60%は水分で、水分が足りなくなると、すぐに肌の構造はガタガタになってしまいます。


角質細胞が剥がれ落ちるときには、下層の若い細胞を保護するためにやはり水分が必要です。これらの働きに使われる水分は、化粧水などの「外側からのスキンケア」ではまかなうことができません。

ターンオーバーを正常に保って、美肌の基礎をつくるには、水を飲むという「内側からのスキンケア」が、本当に大切なのです。

美肌を遠ざける、お肌に悪い食べ物

美肌を目指すためにスキンケアに気をつかうのはもちろんですが、肌に悪い食べ物を食べていてはそんな努力の効果も薄れてしまいます。

そこで、日々のスキンケアを無駄にしないために、身近に潜む肌にわるい食べ物を紹介していきます。

肌に悪い食べ物① ファストフード

ハンバーガー、フライドチキン、ホットドッグなど、生活に身近な存在のファストフード。確かに美味しいですが、これらの高脂質食は肌荒れとの相関関係があることを研究が明らかにしています。


2012年に中国医薬大学が5,000人の男女を集めて普段の食事と肌荒れの相関を検証したところ、ファストフードのような高脂質食を食べる機会が多い人は、ニキビを筆頭に肌荒れの発症リスクg1.43倍であることが判明しました。


肌荒れを直したい、美肌を目指したいと思うのであれば、ファストフードは避けましょう。

肌に悪い食べ物② 乳製品

アイスクリームにチーズ、バターなど、乳製品はアンドロゲンという男性ホルモンを多く含む。このアンドロゲンが血中で増えてしまうと、油分を必要以上に分泌され、角栓やニキビとして肌に悪影響を及ぼす。乳製品は栄養価が高いので、摂取しすぎなければ大丈夫です。

肌に悪い食べ物③ GI値の高い食品(人口甘味料)

人口甘味料は白いお砂糖のことです。例えばケーキやお菓子、ジュースには人工甘味料がたっぷり使われています。


人工甘味料が体内に入ると、血糖値とインスリンの量が急上昇。すると、男性ホルモンが活性化し、肌細胞の異常な増加や皮脂の異常分泌が起き、ニキビが発生しやすくなるのです。

健康食品で体の内側から美肌を目指そう!

美肌の女性はモテるだけでなく、肌のコンディションがいいことで自分に自信を持つことが出来ます。

体の内側から変わっていく「食べるスキンケア」を始めてみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました